土日・祝日も診療しています。

0120-961-929(最終受付 18:30)

周りの皆がしているからという理由だけで
脱毛を受けていませんか?

脱毛についてもっと知ろう

  • たかが脱毛、されど脱毛!

    このページを読んでから脱毛を受けても決して遅くはありません。
    脱毛についての知識を十分につけてから脱毛を受けた方が、 後悔する確率は大幅に減ります。かしこく永久脱毛をしたいとお考えなら、まずはこのページをご覧ください。

    閉じる

  • STEP1
    効果的に、少ない回数でツルスベ美肌の永久脱毛を実現

    そもそも永久脱毛とは何なのか?

    永久脱毛とは、毛を作り出す毛根(もうこん)と毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)を何らかの方法で破壊し、毛の再生を人為的に中止させることです。
    いくら毛を抜いたり、剃ったりしても再び毛が生えてくる理由は、毛根(もうこん)と毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)が破壊されていないからです。

    まずは毛のしくみについて知りましょう

    世間では永久脱毛や抜け毛は「毛根(もうこん)」と深い関わり合いがあるということだけで説明が終わられている ことが多いですが、毛根と一言で言っても、毛根内には様々な役割をもった機関が存在しています。ここでは、永久脱毛 を行う際に 重要な部分をご紹介します。

    毛根(もうこん)

    皮膚内にある毛を総称して毛根(もうこん)と呼ばれます。一番の球状部分を毛乳頭(もうにゅうとう)と呼び、そ こから栄養を取り込み、細胞分裂を行います。細胞分裂を行うことにより、毛は長くなります。
    また、毛根 の周りを毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)と呼ばれる組織が包みこみ毛の育生を手助けしています。

    毛乳頭(もうにゅうとう)

    毛乳頭(もうにゅうとう)とは、毛を作り出すもとなる部分。毛乳頭(もうにゅうとう)から 栄養が毛にいきわたり、細胞分裂が活発に行われます。
    細胞分裂が行われることにより 、毛は太くなり、大きく成長していきます。

    毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)

    毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)とは、毛を成長させる役割を担っています。
    毛乳頭(もうにゅうとう)で作られた毛をさらに成長させ、毛周期という毛のサイクルの調節を行っています。

    閉じる

  • STEP2
    効果的に、少ない回数でツルスベ美肌の永久脱毛を実現

    毛周期(もうしゅき)を知ろう

    少ない回数で、効率良く永久脱毛を実現するには必ず毛のサイクルであ る毛周期(ヘアーサイクル)にあわせて照射を行う必要があります。

    毛根内で毛乳頭(もうにゅうとう)の細部分裂が始まり、毛が作り出される

    毛乳頭(もうにゅうとう)で作り出された毛が、さらに長く成長する

    毛乳頭(もうにゅうとう)の細胞分裂が停止し、成長が止まる

    毛が自然に抜け落ちる

    成長期にあわせてレーザー照射を行う!

    成長期に合せて照射を行うことで、毛乳頭(もうにゅうとう)や毛包(もうほう)/毛嚢(もうのう)などの、毛を作り出す組織を少ない回数で破壊することが可能です。

    閉じる

  • STEP3
    効果的に、少ない回数でツルスベ美肌の永久脱毛を実現

    毛周期(もうしゅき)を知ろう

    人間の体には無数の毛が生えています。目に見える黒い毛だけでもたくさん生えて いるの、それ以外にも目には見えないうぶ毛が全身を覆っています。それだけ無数の毛 の毛周期を全て調べることは不可能といっても過言ではありません。

    では、どのようにして「成長期」を知るのか?

    一度レーザー照射を行うと、毛周期をリセットすることができます。すなわち、 一度レーザー照射を行うことにより、毛周期をリセットしてから次の成長期にあわせ てレーザー照射を行います。

    レーザー照射を行う間隔(毛周期)の大まかな目安

    女性の顔

    6週間に1回を(毛周期は6週間前後)

    女性の顔以外

    4週間に1回を目安(毛周期は4週間前後)

    男性の顔

    2週間に1回を目安(毛周期は2週間前後)

    男性の顔以外

    6週間に1回を目安(毛周期は6週間前後)

    閉じる

  • STEP4
    効果的に、少ない回数でツルスベ美肌の永久脱毛を実現

    永久脱毛を実現するための最終ステップ

    脱毛に関する知識が身についたら、いよいよ永久脱毛の実践です。
    下記に簡単な脱毛機種とその特徴を一覧表にまとめています。
    永久脱毛をご希望される方は参考にしてください。

    閉じる

  • 一目でわかる、脱毛機の種類とその特徴

    痛み
    コメット脱毛 ほとんどなし
    ダイオード脱毛 やや痛い
    アレキサンドライトレーザー 非常に痛い
    永久脱毛までの回数
    コメット脱毛 6回~8回
    ダイオード脱毛 8回~10回
    アレキサンドライトレーザー 12回~15回
    うぶ毛
    コメット脱毛 永久脱毛可能
    ダイオード脱毛 効果なし
    アレキサンドライトレーザー 効果なし
    費用
    コメット脱毛 普通
    ダイオード脱毛 普通
    アレキサンドライトレーザー 安い
    年式
    コメット脱毛 最新
    ダイオード脱毛 2000年代の主流
    アレキサンドライトレーザー 1990年代の主流
    特徴 1
    コメット脱毛 レーザーでは脱毛が難しい軟毛やうぶ毛には高周波(RF/ラジオ波)が作用するので、非常に効果的に永久脱毛が可能
    ダイオード脱毛 黒い色に反応するため、極度の日焼けをしているお肌には、照射することができないこともある。
    アレキサンドライトレーザー 痛みが非常に強いため、毛根が濃い部位(男性のヒゲや脇など)は、我慢できない人も多い。
    特徴 2
    コメット脱毛 永久脱毛までの速度が非常に早く、痛みが従来の機械に比べて圧倒的に低い。
    ダイオード脱毛 黒いものに反応するレーザーのため、軟毛やうぶ毛には効果はない。バストトップ周囲の薄い毛にはほとんど効果なし。

    閉じる