わきが・多汗症治療専用の
機械を使った治療方法

超音波+ハイパークランプ法

  • 超音波+ハイパークランプ法とは?

    超音波+ハイパークランプ法とは、シェービング法・ローラーシェービング法など、 様々な名称で呼ばれており、効率よく皮下組織内の臭いと汗の原因となる汗腺を取り除く、専用の機械を用いて施術を行う方法です。

    残る傷跡

    2ミリから4ミリ

    治療の特徴

    稲葉式の要素と吸引の要素を組み合わせた治療法です。脇の皮膚を挟み込みながら汗腺を吸引していきます。

    メリット

    傷跡が非常に小さく、短時間で手軽に治療できます。

    デメリット

    汗腺の分布している箇所が見えないので、完全に取りきれていな い場合が多く、治療後、再発するケースがあります。

    適合

    比較的効果がありますが、汗腺の多い重度の方の根治治療は難しい為、軽度から中程度のわきが・多汗症の方に向いています。

    臭いと汗(わきが・多汗症)の原因を詳しく見る 徹底比較!わきが治療完全ガイド

    閉じる

  • 超音波+ハイパークランプ法の治療方法

    1針程度の穴から、わきが・多汗症治療専用の医療機器を挿入し、臭いと汗のもとを取り除いていきます。極小の傷で広い範囲の汗腺を取り除きます。

    まずは脇の下を2ミリ~4ミリ程度カットします。その後、専門の特殊な器具を挿入します。

    臭いの元となる汗腺をくまなく取り除きます。取り残しがないよう、表皮をローラーで押さえます。

    機械の先端部にはカミソリ状の刃がついており、器具を動かすことによって臭いと汗の原因を取り除いていきます。

    閉じる

  • 気になる傷跡は?

    傷跡は、最初にローラー吸引機を挿入するために開けた2~4mm程度です。
    これは縫う針数で言う、1~2針程度です。
    わきが治療で、わきが・多汗症注射を除いて最も傷がつかない治療といえます。

    閉じる

  • 永久脱毛の効果もあり!

    直視下摘除法やクアドラカット法と同様に、臭いの原因であるアポクリン汗腺は毛と一体化しているため、アポクリン汗腺を取り除く場合は、脱毛効果も期待することができます。
    ただし、医師が直接自分の目で確認しながらの作業ではないため、一部取り残しが起こる場合もあります。

    臭いのもとを、毛根と同時に取り除く

    閉じる

  • 腋毛(脇の毛)も臭いの原因になります!

    腋毛(脇の毛)は、雑菌を繁殖させる原因となります。
    超音波+ハイパークランプ法によって脇の毛を軽減させることにより、さらに臭いを抑える効果を発揮しています。

    閉じる

  • ユリシスクリニックは、アフターケアも重要視しています!

    術後の回復を早めるため、患部を2~3日程度圧迫します。
    これによって、術後の回復を効果的に早めています。

    閉じる

  • 術後の経過とアフターケア

    シャワー

    翌日より可能

    入浴

    7日後

    お化粧

    当日より可能

    腫れ・むくみ

    3日~4日。

    • ただし、若干の個人差はあります。

    術後の痛み

    3日~4日

    術後のケア

    不要

    術後の注意点

    3日間はタイオーバーあり(3日後に除去)

    抜糸

    7日後

    洗顔

    当日より可能

    治療後のリスクと副作用

    腫れ・内出血・感染症・アナフィラキシーショック・血腫・ケロイド形成などのリスク・副作用があります。
    出現する確率は高くありませんが、すべての治療において、副作用・リスクが存在することをご理解ください。

    閉じる

料金

  • 超音波+ハイパークランプ法

    料金 [超音波+ハイパークランプ法]

    超音波
    +ハイパークランプ法
    253,000

    ※料金は税込み表記となっております。

    閉じる