土日・祝日も診療しています。

0120-961-929(最終受付 18:30)

他院で受けた豊胸術にご満足されていない方は、必ずご相談ください!カウンセリングは完全に無料となっています。

豊胸術(バッグ挿入法)の他院修正

  • 豊胸術(バッグ挿入法)の他院修正はこういった方におすすめ

    • 挿入した豊胸バッグがずれている
    • 挿入した豊胸バッグが大きすぎて不自然
    • 挿入した豊胸バッグが想像よりも小さい
    • 挿入した豊胸バッグの感触が硬く、気に入らない

    閉じる

  • 豊胸術(バッグ挿入法)の他院修正についての治療方法

    豊胸バッグ挿入法でよく起こるトラブル

    1. 術後のバストを触ると硬い感じがする

    術後、バストを触ると硬く感じる原因は被膜拘縮(ひまくこうしゅく)を起こしている可能性が高いです。
    被膜拘縮(ひまくこうしゅく)とは、シリコンバッグの周りに硬い膜が出来ることを言います。手術中の出血や、豊胸バッグを挿入する際の剥離作業が不十分な場合など、原因は様々です。
    被膜拘縮(ひまくこうしゅく)の治療方法は、豊胸バッグの入れ替えとなります。
    しかし、患者様の症状は必ず一人ひとり異なるため、一概に豊胸バッグの入れ替えだけが治療方法というわけではありません。

    2. バストのカタチが、胸とは思えないほど変形してしまった

    女性の胸とは思えない、不自然なバストのカタチになるケースはよく起こります。
    これは、豊胸バッグを挿入するためのスペース作りが不十分なために発生します。
    女性の胸とは思えないようなカタチに変形してしまったというケースも中にはあります。
    治療方法としては、豊胸バッグを取り除き、豊胸バッグのスペースを作ります
    十分なスペースを確保してから、再度豊胸バッグを戻す治療となります。

    閉じる