たるみを根本的に解決する
次世代たるみ治療器ウルティムス

ウルティムス(HIFU)

  • 次世代たるみ改善治療器ウルティムス(HIFU)の特徴

    たるみの根本原因であるSMAS筋膜(表在性筋膜)へのアプローチでリフトアップ

    ウルティムスは、高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)を使った最新の次世代たるみ治療器です。現在主流となっているたるみ治療は、高周波治療(サーマクール・イントラジェン・リファームなど)や光治療(タイタンなど)など、比較的、皮膚の浅い層(表皮・真皮)へアプローチする治療であり、リフトアップというより引き締め効果を重視した治療でした。

    ウルティムスなどのHIFU治療は、外科的手術(フェイスリフト)でしかアプローチできなかった皮膚の深い層、皮膚を支えている土台の「SMAS筋膜」へアプローチすることが可能となり、引き締め効果はもちろんリフトアップも実現。さらに効果の持続期間を長く保つことも可能になりました。

    大量のコラーゲンの生成により効果が長持ち

    ウルティムスは、超音波をピンポイントで照射することを可能にした、「高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)」により、熱エネルギーを皮膚の深部まで届かせ、時間とともに皮膚内のコラーゲンを大量に生成させることができる治療です。それにより長期的なリフトアップが可能となります。

    1回でもリフトアップ

    高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)を使用したウルティムスは、瞬時にタンパク質が熱収縮するため、即効で引き締め効果とジワジワのリフトアップ効果を実感できます。

    安全性、痛み、ダウンタイム

    高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)療法は、深部の「癌(がん)」の治療にも使用されている医療技術です。
    高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)を使用したウルティムスは、ピンポイントで照射するため、他の組織へのダメージも少なく、副作用や痛みはほとんどありません。照射中には、部位によっては熱感が出たり、赤みなどがでることもありますが、皮膚表面を傷つけることなく、麻酔なしで施行できる安全な治療です。痛みに弱い方でご希望であれば、塗る麻酔にて治療することも可能です。当日よりメイクも可能です。

    閉じる

  • 他のたるみ改善治療器と言われている機器との比較

    他の治療器と効果の比較

    高周波治療器(サーマクール・リファーム・イントラジェン)やその他IPLなどの光治療器とウルティムスなどの高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器の大きな違いは、皮膚のどの深さにエネルギーが到達しているかです。
    比較的浅い層の真皮層に熱エネルギーを到達させる治療でした。主な効果としては引き締め効果であり、リフトアップまでは望めませんでした。しかし、たるみを根本的に解決するためには皮膚の深い部分の皮膚の土台「SMAS筋膜」にアプローチする必要があります。。今までは、このSMAS筋膜にアプローチするには外科的な治療(フェイスリフト)しか対応する方法ありませんでした。しかし、ウルティムスなどの高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器の登場により、切らずにSMAS筋膜へアプローチすることができるようになり、根本的なたるみ解決の治療器として注目を集めています。

    他の治療器とダウンタイムや痛みの比較

    高周波治療器(サーマクール・リファーム・イントラジェン)はエネルギーを狭い範囲に集中することができないので、広範囲に熱損傷が生じる可能性があり、痛みも強く出てしまいました。しかし、ウルティムスなどの高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器は、ピンポイントで照射が可能なため、他の組織へのダメージも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。

    閉じる

  • 術後の経過とアフターケア

    通院

    必要なし

    日常生活

    シャワーは当日より可能
    入浴・サウナ・マッサージは翌日より可能

    メイク

    施術後すぐにメイク可能

    肌の状態

    腫れはほとんどでません。
    軽く赤みは出ますが数時間で落ち着きます。

    痛み

    ホホ下や下あごに軽度のしびれが出る場合はございますが、1週間ほどで落ち着きます。

    治療後のリスクと副作用

    やけど・発赤・色素沈着・ケロイド形成などのリスク・副作用があります。
    出現する確率は高くありませんが、すべての治療において、副作用・リスクが存在することをご理解ください。

    閉じる

  • よくある質問

    Q.効果はいつから実感でき、どのくらい続きますか?

    A.ウルティムスは、施術直後より効果を実感できます。個人差はございますが、おおよそ3ヵ月後に効果が最大化し、半年~1年持続します。

    Q.施術中や施術後の痛みはありますか?

    A.ウルティムスの施術中は痛みはほとんどありませんが、ご希望であれば塗る麻酔クリームを使用し、施術することも可能です。施術後の痛みはほとんどの場合でありませんが、ホホ下や下あごに軽度のしびれが出る場合があります。しかしそれも5日~1週間ほどで落ち着きます。

    Q.何回も施術を受ける必要はございますか?

    A.ウルティムスは、1度の施術で効果を実感できますので、短い期間で何回も施術を受ける必要はございません。個人差はございますが施術直後の効果と持続的効果(6ヶ月~1年)を実感できると思います。ただし、更なる効果をご希望の場合は、短い期間でも施術を受けることも可能です(2ヶ月開いていれば可能です)。

    Q.ダウンタイム(治療後のダメージ)はありますか?

    A.施術直後は少し赤みがでる場合はございますが、数時間で消失します。腫れなどはほとんどでません。また、治療直後よりメイクが可能ですので、他人に気付かれる心配はほとんどございません。

    Q.高周波治療器(サーマクール・イントラジェン・リファームST)とウルティムスの違いはなんですか?

    A.ウルティムスのような高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器と高周波治療器(サーマクール・イントラジェン・リファームST)は大きな違いは、照射エネルギーの到達する深さです。高周波治療器(サーマクール・リファーム・イントラジェン)では皮膚の比較的浅い層の真皮層に熱エネルギーを到達させる治療でした。主な効果としては引き締め効果であり、リフトアップまでは望めませんでした。ウルティムスなどの高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器は、皮膚の深い部分のSMAS筋膜へアプローチすることができるようになり、根本的なたるみ解決の治療器となります。

    Q.ウルセラやダブロ・ウルトラリフトとウルティムスはどう違いますか?

    A.基本的には、どの治療器も高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器という次世代リフトアップ治療機器であり同じ仲間になります。治療器により照射方法や特徴に違いがありますので、ご自身に適した治療器を選択してください。その中でもウルティムスは、最新鋭の高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)治療器で、特徴はセンターレスHIFUという機能を搭載しました。これにより、熱エネルギーはより正確に集束され、安全に伝達され、治療効果より効果的になりました。また、副作用の痛みの軽減、火傷になるリスクの軽減にもなり、安全性も高くなりました。

    Q.エステにもHIFUというものがありますが、クリニックのHIFUと何が違うの?

    A.クリニックとエステのHIFUの根本的な違いは、出力(エネルギー)が全く異なります。出力が違うということは、効果も全く異なってきます。
    エステ用のHIFUは、エステ用に設計されており、出力(エネルギー)が強く出ないようになっているため、効果も弱いです。クリニック用のHIFUのように高出力(高エネルギー)ですと、エステでは取り扱いが難しいため、クリニックのみで使用が許可されており、エステでは対応できません。エステでも使用できるようエステ用のHIFUが設計されました。また、エステ用のHIFUはたるみを改善するにはエネルギーが弱いため、主に痩身のマシーンとして設計されているものが多いです。

    閉じる

料金

  • ウルティムス(HIFU)

    料金 [次世代たるみ改善治療器ウルティムス(HIFU)]

    ウルティムス

    リミテッド(120ライン)77,000
    ライト(240ライン)99,000
    スタンダード(360ライン)132,000
    マックス(480ライン)165,000

    ウルティムス・3D

    スタンダード
    (+100ライン)
    +55,000
    マックス(+150ライン)+88,000

    ウルティムス・アイリフト

    スタンダード(120ライン)77,000
    マックス(160ライン)88,000

    ※料金は税込み表記となっております。

    閉じる