土日・祝日も診療しています。

0120-961-929(最終受付 18:30)

大きく広がった乳輪を縮小し、バランスのとれた乳輪を実現

乳輪縮小

  • 乳輪縮小とは?

    乳輪縮小とは、大きく広がった乳輪を縮小する治療方法です。
    乳輪縮小術を行うことによって、授乳に影響が出るということはありません。

    閉じる

  • 乳輪縮小はこういった方にオススメ

    • 授乳後、乳輪が大きくなってしまった
    • 大きな乳輪が原因で異性に対して消極的になっている
    • 乳輪が大きいため、バストとのバランスが悪い

    閉じる

  • 2つの治療方法をご用意し、大きさを問わずに対応

    バストの大きさによっても大きく異なりますが、乳輪の大きさは3cm~4cmが理想的と言われています。
    乳輪が4cm以上ある場合は、大きな乳輪と言えるかと思われます。

    ユリシスクリニックでは、乳輪の外側を取り除く方法と、乳輪の中心部を取り除く方法の2種類をご用意しています。
    しかし、乳輪の外側を取り除く方法では、胸と乳輪の自然なグラデーションが失われることがあるため、乳輪の中心部を取り除く方法を推奨しています。

    閉じる

  • 乳輪縮小における、外側切開と内側切開の違い

    外側を切開する場合(乳輪が極端に大きい場合)

    乳輪の外側を取り除く場合、傷跡が目立つというデメリットや、乳輪とバストの境目の自然なグラデーションが失われるというデメリットがあります。
    そのため、ユリシスクリニックでは乳輪の中心部を取り除く治療方法をオススメしていますが、乳輪が極端に大きい場合は乳輪の外側を取り除きます。
    目安としては、乳輪が6cm以上の方は適用となります。

    乳輪の外側を切開します

    切開した外側の乳輪を中心部に引き寄せ、丁寧に縫合します

    術前 術前

    乳輪の外側を切開します

    術後 術後

    6cm以上あった大きな乳輪も理想通りの大きさに改善

    ユリシスクリニック推奨!
    内側を切開する場合(乳輪が6cm未満4cm以上の場合)

    乳輪の内側を切開する場合は、バストと乳輪とのつなぎ目の自然なグラデーションをそのままの状態で、乳輪を理想通りの大きさに改善することが可能です。
    また、傷跡もほとんど目立つことがなく、非常に高い効果を発揮します。
    目安としては、乳輪の大きさが6cm未満4cm以上の方が適用されます。

    目安としては、乳輪の大きさが6cm未満4cm以上の方が適用されます。

    切開した内側の乳輪を中心部に引き寄せ、丁寧に縫合します

    術前 術前

    乳輪の内側を切開します

    術後 術後

    傷跡をほとんど残さず、理想通りの乳輪を実現

    閉じる

  • 術後の経過とアフターケア

    シャワー

    翌日より可能

    入浴

    7日後

    お化粧

    当日より可能

    腫れ・むくみ

    3日間

    • ただし、若干の個人差はあります。

    術後の痛み

    1日~2日

    術後のケア

    不要

    術後の注意点

    特になし

    抜糸

    不要(溶ける糸)

    洗顔

    当日より可能

    治療後のリスクと副作用

    腫れ・内出血・感染症・アナフィラキシーショック・血腫・ケロイド形成などのリスク・副作用があります。
    出現する確率は高くありませんが、すべての治療において、副作用・リスクが存在することをご理解ください。

    閉じる

料金

  • 乳輪縮小

    料金 [乳輪縮小]

    乳輪縮小

    外側198,000
    内側198,000

    ※料金は税込み表記となっております。

    他院乳輪縮小術後修正418,000

    ※料金は税込み表記となっております。

    閉じる