見た目だけではなく、授乳にも影響を及ぼす陥没乳頭を、傷跡を残さず改善

陥没乳頭

  • 陥没乳頭とは?

    陥没乳頭とは、乳首が胸の内部に埋まった状態のことをいいます。
    将来、妊娠後に授乳を行う際に乳首が陥没しているために授乳ができないことがあります。
    また、母乳が胸の中に溜まり、乳管炎や乳腺炎を引き起こす場合があります。
    ユリシスクリニックでは、軽度のものから重度のものまで、症状にあわせて治療を使い分けています。

    閉じる

  • 陥没乳頭修正はこういった方にオススメ

    • 陥没乳頭の見た目で悩まされている
    • 乳頭を刺激しても、引っ込んだままの状態である
    • 将来、授乳時に影響が出るのではと心配している

    閉じる

  • タイプにあわせて治療方法をご用意

    ユリシスクリニックでは、全て同じ方法で陥没乳頭の治療を行うのではなく、症状にあわせて治療方法を使い分けています。

    閉じる

  • 軽度の陥没乳頭

    通常時は引っ込んでいるが、乳首を刺激する表面に出てくる。
    もしくは、指で乳首をつまみ出すことができ、その際に痛みを感じない方は軽度の陥没乳頭といえます。
    また、指で乳首をつまみ出すことはできるが、すぐに引っ込んでしまう方や、痛みを感じる方もこの軽度の陥没乳頭に分類されます。

    通常時、乳首は引っ込んでいる

    指でつまみ出すことが可能

    治療方法

    乳首の根元にある表面のみを切開します

    糸を通し、陥没した乳首を上方向に引き出します

    乳首を上方向に持ち上げたまま少しだけ回転させ、乳首の表面を縫合します

    傷跡が残らないよう丁寧に縫合するため、傷跡はほとんど目立ちません

    術前 術前

    術後 術後

    閉じる

  • 重度の陥没乳頭

    重度の陥没乳頭は、刺激を与えても乳首が出てこないうえに、指でつまみ出すことができない場合をいいます。指でつまみ出そうとする際、痛みが伴うようであれば重度の陥没乳頭といえます。

    治療方法

    乳首の表面だけを数ミリ切開

    糸を通し、乳首を引き出します

    切開した乳首を広げ、少しだけ逆方向に回転させます

    反対方向に少しだけ回転させた後に、縫合します

    正面からみた時の術前・術後

    丁寧に縫合する為、傷跡はほとんど目立ちません。

    横からみた時の術前・術後

    術前 術前

    術後 術後

    すっぽりバストに埋もれていた乳首を見事に改善

    閉じる

  • 術後の経過とアフターケア

    シャワー

    翌日

    入浴

    7日後

    お化粧

    当日より可能

    腫れ・むくみ

    3日

    • ただし、若干の個人差はあります。

    術後の痛み

    1日~2日

    術後のケア

    キャップ着用の場合は、1週間は着用

    術後の注意点

    特になし

    抜糸

    7日後

    洗顔

    当日より可能

    治療後のリスクと副作用

    腫れ・内出血・感染症・アナフィラキシーショック・血腫・ケロイド形成などのリスク・副作用があります。
    出現する確率は高くありませんが、すべての治療において、副作用・リスクが存在することをご理解ください。

    閉じる

料金

  • 陥没乳頭

    料金 [陥没乳頭]

    陥没乳頭

    軽度から中程度253,000
    重度297,000

    ※料金はすべて税別表記となっています。

    閉じる